血圧が低いのが低血圧

高血圧と低血圧がありますが、やはり更年期 高血圧の危険性の方が理解されがちです。しかし、低すぎる血圧の状態も非常に危険ですので、きちんと低血圧についても知っておきましょう。

 

そもそも、低血圧というのはどの値になったらそうなるのかというところからですが、最高血圧100mmHg以下、最低血圧60mmHg以下の状態を低血圧と分類します。また、この低血圧には本能性低血圧症、起立性低血圧症、症候性低血圧症という3つの種類に分けられています。

 

本能性低血圧症というのは遺伝が原因といわれており、低血圧のほとんどはこのタイプです。基本的に合併症の心配や血圧を高くしないといけないという心配も必要ありません。

 

起立性低血圧症というのは立ちくらみや眩暈を起こす低血圧症です。長時間立っていて急に眩暈がしたり、急に立ち上がることで立ちくらみが起こったりという症状があります。原因は不明ですが自律神経と関係しているといわれています。また、起立性低血圧症については特に治療などは必要がありません。

 

症候性低血圧症については大前提として治療が必要になります。これは大動脈弁狭さく症・心筋梗塞・甲状腺機能低下症といった心臓病、モルモン系疾患、栄養不足、寝たきりが原因で起こる低血圧症です。治療が必要になりますが、原因を取り除けば血圧の状態は正常に戻りますので安心してください。

 

低血圧症の3種類の内で治療が必要なのは症候性低血圧症のみとなっておりますが、このタイプは珍しいので基本的に治療の心配はありません。しかし、低血圧の状態を少しでも改善しないと眩暈などによって倒れてしまって怪我をしたりする可能性もあります。生活習慣や運動などで血圧を正常値で保つことを目指すことをオススメします。