頬のたるみあなたは大丈夫?鏡でできる頬たるみチェック!

頬の下のたるみというのは、つまりフェイスラインがたるんでいるということですね。たるみがなければ、フェイスラインがスッキリしていて顔の輪郭がはっきりしています。でも、たるんでいると輪郭がぼやけますし、太っていなくても二重あごになります。首をかしげると顔の皮膚や肉が流れて顔のバランスも悪くなりがちです。

 

一度たるんでしまうと、元に戻すのはなかなか難しいもの。なので、未然にたるみを防ぐのが一番です。顔の変化を毎日鏡でチェックしていますか?自分の顔のことは、自分が一番知っていたい。そうは思いませんか?毎日チェックしていれば、何かしらの変化があればすぐに築けます。

 

たるんできたかなぁと思ったところに気を遣って、それ以上進行しないようにお肌のケアをしてあげましょう。鏡でできる自分の顔のたるみチェック方法があります。

 

・顔のたるみチェック
まず手鏡を片方の手で持ちます。鏡のサイズにちょうど顔の輪郭がフィットするように、真正面から合わせます。鏡もあわせて動かしながら、顔を下に向けます。

 

下を向いた時と正面を向いているとき、2つの時で顔の状態に変化はありましたか?特に変わっていないなと思ったらたるみはそれほど起こっていないでしょう。下を向いたとき、老け顔になってると感じれば頬のたるみが起きているということ。頬の皮膚がたれていたら、顔を下に向けたとき下に流れてしまうんですね。

 

たるみは早い段階でケアしてあげましょう!まだ若いからとほうっておくと、数年後に元に戻すにはとても苦労するような変化が顔に起きちゃうかもしれません!