顔のたるみ化粧品のおすすめは?口コミ人気はこれ

顔のたるみ化粧品おすすめ口コミ人気

お肌に良い成分コラーゲン、加熱によって壊される?

 

■顔のハリで若々しさが決まる
顔の皮膚がたるんでくると、それだけで老け顔になってしまいます。お肌がきれいでも、ハリが少なくて艷やかではない、シワシワに垂れ下がったお肌は若々しさとは程遠いですよね。この「たるみ」、どうして起きてしまうのでしょう。

 

皮膚とは、本来、体の中の水分を逃がさないようバリアの役目を担っていたり、外からの刺激から体を守る役目を果たしています。皮膚は地層のように分かれている組織で構成されています。外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」に分かれていて、それぞれが助け合って栄養を運んだり水分を与えたりして、コラーゲンなども肌に届けてハリ・ツヤをキープしています。

 

皮膚のシワやたるみは、まず、目の周りで起き始めます。目尻や目の下に小じわが出来始めたら注意。お肌のハリが失われ始めている証拠。このサインを見逃さず、たるみ対策を行ってお肌のハリをキープしましょう。

 

■たるむとき、お肌ではどんな変化が起きているの?
この組織の働きが弱まると、たるみの原因になります。では、皮膚では一体どんな変化が起きるのでしょうか。それには大きく分けて3つあります。

 

お肌のハリの減少
真皮という、皮膚の一番深いところにある層では、コラーゲンやエラスチンといったお肌のハリを作る成分が生成・貯えられています。加齢などによって、真皮の働きが低下すると、コラーゲンやエラスチンの質が低下し、お肌のハリが減少してしまうのです。

 

皮下脂肪の肥大
皮下脂肪と聞くと太った時につく「脂肪」のイメージですよね。でも、適度な皮下脂肪は体に必要なものです。皮下脂肪はエネルギーを生成・貯える働きをし、体温を維持する働きもします。しかしか例によって皮下脂肪が必要以上に増えてしまい、いわゆる肥大した状態になると、重さで皮膚が支えきれなくなり、垂れ下がってしまいます。

 

筋肉の衰え
顔には表情筋という表情をつくる筋肉があります。表情筋の場合、骨ではなく皮膚についている筋肉です。これによって顔の表情がすごく繊細に表現できるんですね。筋肉が衰えるのと同様、表情筋も衰えます。そうなると皮膚が垂れてきて、普通にしていても不機嫌そうな表情に見えてしまうようになってしまうのです。

 

■皮膚に変化を与える原因とは
たるみは外部からの刺激もそうですが、内部からの影響でも引き起こされるのです。

 

外部からの刺激
外部からの刺激の一つに「紫外線(UVA)」があります。紫外線には波長によっていくつかの種類に分かれます。特にUVAという、一番波長の長い紫外線は物質を通過できる性質を持っていて、約半分程度の量が、皮膚表面を通して一番深い真皮にまで届いてしまいます。

 

約半分の量とは言っても、肌の成分や組織に与える影響とは大きく、コラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。また、紫外線はメラニン色素の沈着を促してしまうので、シミやソバカスの原因にもなります。

 

ストレスも外部からの刺激に含まれます。ストレスを受けると、ストレスホルモンが分泌されます。そのストレスホルモンは男性ホルモンを分泌させるので、お肌が硬くなったりお肌が荒れやすくなります。また、血管を収縮させるので血行が悪くなり、新陳代謝が低下します。お肌のターンオーバが正常に行われにくくなり、肌が持つ保湿力などが低下して乾燥を引き起こしたりします。

 

乾燥が進めば潤いが失われるのはもちろん、外からの汚れなどからお肌を守るバリア機能が低下し、毛穴が詰まってニキビになったり、ハリが失われます。乾燥はストレスもそうですが、気温や湿度の変化、加齢、そして紫外線などによっても引き起こされます。

 

内部からの影響
老化の原因は、「活性酸素」という細胞を酸化させる物質です。活性酸素は体の免疫のために必要なものでもありますが、加齢などによって細胞を酸化させてしまうようになります。細胞の酸化によって肌が衰え、コラーゲンやエラスチンなどの成分も壊されてしまうので、お肌のハリが失われてしまいます。

 

■生活の仕方も原因
生活習慣がお肌に与える影響は大きいです。生活習慣を正すことは美容全体の改善はもちろん、健康面の改善にもつながることになるので、これを機に生活の仕方を見直してみるのはいかがでしょうか。

 

要因になる習慣のひとつに「喫煙」があります。煙草に含まれる「ニコチン」は血管を収縮させて血行を悪くします栄養は血液にのってお肌に届けられるので、血行が悪くなると栄養が十分に送り込まれなくなるということですね。また、大量の活性酸素を体内に生成してしまいます。活性酸素は体を錆びさせる物質なので、お肌のハリ・ツヤを減少させ、シワやたるみを引き起こしてしまいます。

 

また、睡眠不足もお肌に大敵です。睡眠の最中、体内では成長ホルモンが活発に分泌されます。成長ホルモンは骨や筋肉を作る指令を出すホルモンですが、お肌の場合は修復させる指令を受けます。なので十分に睡眠を取っていると、成長ホルモン恩恵でお肌の修復力が高まりますが、寝不足な状態が続くとせっかくの成長ホルモンの恩恵を無駄にしてしまうことになるのです。

 

お肌に必要な栄養、皆さんはきちんと補っていますか?ビタミンやミネラルは、体内でコラーゲンを合成したり生成したりする際に必要になる栄養素です。不足するとコラーゲンも減少してしまいます。また、お肌を修復するために必要な栄養素も足りなくなってしまうと、お肌の保湿力が失われ、肌荒れに繋がってしまいます。

 

たるみが出てくるのはこんなところ・目の下

 

目の周りは比較的たるんでくるのが早い部分だと言われていますが、目の下も人によっては早くたるんでくる部分です。毎日瞬きするためによく動くまぶたはたるみが早いのですが、目の下の場合は眼球の疲労によって起きやすいです。目の周りには「眼輪筋」という筋肉と、「眼下脂肪」という脂肪があります。眼が酷使されて疲労が蓄積されると、目の周りの血行が悪くなります。

 

この血行の影響や老化の影響によってに、眼輪筋が衰えて、眼下脂肪を支えきれなくなり、脂肪が下がってきて目の下のたるみが起きるのです。パソコンの作業、スマートフォンの操作をすることが多い人は眼をたくさん使っているので、眼球を疲労させていると言えます。疲労が蓄積されないように、1日に操作する時間を決めたり、適度に休みを入れるようにしましょう。

 

目の疲れを癒す効果のある目薬を使用することで、改善されることもあります。マッサージや保湿美容液でケアするというのも手です。でも、目の下のたるみは一度できると解消するのには一苦労します。日頃からのケアでできにくいお肌を作っていくことが大事ですね。